CJ Column

コラム

翻訳者に必要な能力とは?~外国人翻訳者の苦悩~


日本語から訳す外国人翻訳者である私の数ある苦悩のうち、一番大変なのは作者が勘で書いた物に違いないでしょう。
外国人にとって支離滅裂で曖昧な内容なのに、日本人がそれを読んで明確に把握できるというのは、
言語と文化・考え方との関係の密接さが理由です。

 当社では必須条件であり、翻訳者に最も重要な能力は、
「対応する言語それぞれの国の文化の徹底的な理解」です。

翻訳というのは、単純にある言語の言葉を他の言語に取り替える過程にとどまらないとよく言われますが、
それは日本語にとても当てはまると思います。
さらに、直訳が無理であるだけでなく、外国人の翻訳者には当てずっぽうで翻訳してしまうこともあります。

具体的な例をあげましょう。
何よりまず、日本語では、単数形・複数形などの区別がないことです。
人称代名詞(「私」、「彼女」、「彼ら」等)は一応存在しますが、文脈で分かってもらうと想定し、使わないことも多いです。

そして、「動詞がなくても意味を察すればいい」という文章。
たとえば「未来に、伝統を。」
のようなキャッチフレーズ。もちろん言いたいことは分かりますが、高い精度を求める翻訳の世界では難問です。

最後に、日本文化を代表する言葉と言えば、やはり「オノマトペ(擬音語・擬声語・擬態語等)」ですね。
日本人はオノマトペを無自覚に使っているので、特定のオノマトペを説明してもらうようにお願いしても、
なかなか説明できないことがあります。

当社では、日本人の翻訳者であろうと、外国人の翻訳者であろうと、それらをちゃんと理解しています。
なので、疑問点が出た場合、チームワークを重視しながら、同僚の翻訳者やコーディネーターと議論してから翻訳します。
細かいところまで議論するからこそ、しっかり伝わる質のいい翻訳が出来上がるのです。



I・G  コーディネーター